冷蔵庫の選び方と買い時

 

冷蔵庫の買い時はいつ?

冷蔵庫の価格推移を見てみると11月に発売されたものが3月頃になると値下がりしてきているようです。ですから年末に発売されたモデルなどは3、4月になって値段が落ち着いてきた頃が狙い目でしょう。他の時期に発売された物は発売から3、4ヶ月経ったあたりが狙い目かもしれません。

とにかくコスパを考えるなら1年ぐらい経って新モデルと入れ替えがされるときを狙うのも手です。

価格以外の面で考えると、冷蔵庫は梅雨の時期や、いっきに暑くなる時期に壊れやすいと言われています。長年冷蔵庫を使っていてガタがきている人はこの時期が来る前に冷蔵庫の買い替えをしたほうがよいでしょう。

冷蔵庫の最適な容量は?

冷蔵庫を購入するときにまず気になるのがその容量ですが、その計算の仕方は

最低ラインとして 「70L×人数+100L」 と言われています。

これを基準として、育ち盛りのお子さんのいる家庭は+100L以上にしたり、年配の夫婦の家庭は少なめにしたりといった形で容量を決めていきましょう。

生活環境をよく振り返ってみることが大切です。

電気代についてちょっとチェック

冷蔵庫は大きいほど電気を使うと考えている人がいるかもしれませんが、実はそうでない場合もあるんです。

各社は容量の大きい上位モデルに力を入れていて実は容量の大きなモデルのほうが年間電気消費量が小さかったすることがあります。

大きいと電気代が掛かるから・・・とあきらめていた人は消費電力量の項目をよくチェックしてみましょう。

容量をワンランクアップさせるだけで年間数千円の違いが出ることもあり得ます。

設置場所と搬入経路を考えて

一人暮らし用の冷蔵庫だとそうでもありませんが、家族で使う冷蔵庫となると大きなものになってきます。そのため、設置場所を考える必要があります。

冷蔵庫は放熱などのために数cmの隙間をあける必要があるので単純に冷蔵庫の幅だけでなく、もう少し余裕をもったスペースを確保しましょう。省エネ性能に影響してきます。

また注意したいのが搬入経路です。大きさが大きさですから、玄関から運ぶのか、窓から運ぶのか、廊下の幅は大丈夫か、といった点をチェックしておきましょう。

参考リンク

こちらのサイトではいろんなメーカーの冷蔵庫の特徴や口コミまとめなどがあります。参考にどうぞ。

↓↓↓

おすすめ冷蔵庫

↑ ページの上部へ