ミキサー、ジューサーの選び方

 

ミキサーとジューサーの違いとは

ミキサーとジューサーって何となく似てるけど、実際はいったに何が違うの?そんな人もいると思いますのでそれぞれの特徴について紹介してみます。

・ジューサー
野菜や果物を細かくして濾すことでジュースを作る。
濾すので食物繊維が減ってしまう。
水分が少ない物でもジュースにすることができる。

・ミキサー

日本ではミキサーという名前が定着しているが海外ではブレンダーという名前である。
だいたいは容器の底についている刃を回転させて食材を細かくして混ぜ合わせる。
水分を足さないとジュースにできない。

といった特長があります。

それではそれぞれをもっと詳しく見てみましょう。

ジューサの特徴

ジューサーの特徴は濾すことで汁を絞り出してジュースを作るということは先ほど紹介しましたが、この濾し方には2種類があります。

高速タイプと低速タイプです。最近では低速のジューサーが注目されているように思います。

それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

・高速タイプ
高速回転するので素早くジュースができるが、摩擦熱が発生するので栄養素が失われてしまうことがある。また音が大きいものが多い。

・低速タイプ
低速で搾るので熱の発生が少なく、栄養素が失われにくいが時間がかかる。ただし音は高速タイプより静か。

こうしたメリットデメリットがあります。自分の生活スタイルにはどちらが合っているか考慮して選びましょう。

また最近のジューサーは濃度を選べるタイプや食物繊維を多く摂取できるように工夫されているものもありますのでこうした点がチェックポイントです。

ミキサー(ブレンダー)の特徴

ミキサー

ミキサーといえばこんな形ですね。昔から馴染みのある形です。食材すべてがジュースになりますので食物繊維をたくさん摂取できますが、牛乳や水などの水分を加えてやる必要があります。

最近ではスティックタイプといってコップに入れた食品を直接かくはんできるという便利な物があります。ちょっとだけジュースを作りたいという人はこちらが便利ですね。

たくさん作りたい人はやはり写真のようなミキサーをチョイスしたいところです。

 

どっちを選んだらいいの?

 

どっちを選んだらいいのかが問題ですがそれぞれの使い方でおすすめが変わってきます。それぞれ紹介していきましょう。

 

 

 

・野菜をジュースにして飲むのがメインならジューサーがおすすめ!
水分を加えずにジュースを作ることができるジューサーがおすすめです。純度の高いジュースができます。野菜の摂取が目的ならこちらでしょう。

 

・手軽にジュースが飲みたいならミキサー!!
材料を入れてボタンを押すだけでジュースができる手軽さと搾りかすが出ないので後片付けがちょっと楽チンなのが特徴です。ミルクを入れたり、砂糖の分量を変えたり、いろいろアレンジが効くので、手軽にジュース作りを楽しみたいならミキサーです。

 

・料理にも使いたいならミキサー!!
ジュースを作る以外にも最近のミキサーはこねる、きざむなど多種多様な機能を備えたものが存在します。料理で活躍させたいならミキサーです。

 

 

 

※補足
最近ではジューサー、ミキサーともに多機能モデルが登場していてアタッチメントが付属するものも増えています。こうした点をチェックして「スムージーが作りたいからそういう機能を備えたジューサーにしよう。」とか、家庭でよく作るものを調理できる製品を選んでいくのも良いでしょう。

 

中にはミル、ミキサー機能付きジューサーというものもあるようです。

いろんなチェックポイント

これまではミキサーとジューサーの違いや用途について紹介してきましたが細かいチェック項目についても触れていきます。

 

・サイズをチェックしよう
キッチンできちんと使用できる大きさか、他の物の邪魔にならないか、また上から食材を入れる製品が多いので高さをチェックしておくといいかもしれません。

収納のことも考えてどのような付属品が付いてくるのかなどもチェックを。

・ お手入れのしやすさ
せっかくジュースを作るにしても後片付けが大変ではだんだんと使う機会も減っていきますよね。
洗いやすさはどうか、刃の取り外しはできるのか?メーカーでどんな工夫がされているのかチェックしてみましょう。

・安全対策はされているか
刃のついたものは安全機能がきちんと備えられているか、誤操作を防止する機能があるかどうかなどをチェックしましょう。容器のふたがきちんと閉まっていないと動作しないタイプなどがあるようです。

・静音性
ジューサーやミキサーは大きな音のすうるものが多いのでチェックしておく必要があります。回転数の少ないスロージューサーは比較的静かなものが多いようです。

・デザイン

性能に満足したものが何点か残ればそこからはデザインで選ぶのもいいかもしれません。キッチンおカラーやイメージに合ったものを選びましょう。

↑ ページの上部へ