ジェネリック家電はなぜ増えてきているのか

 

ジェネリック家電とは

ジェネリック家電選び最近よく耳にするようになったジェネリック家電と言う言葉。いったいどんな家電を差すのでしょうか。

ジェネリック家電とはブランド名などはありませんが、余計な機能は省き、なおかつ基本的な性能は国内メーカー品とほとんど遜色の無い、低価格で販売されている家電製品のことです。

近年は家電の生産拠点が東南アジアなどに移り、かつて大手メーカーの下請けだった企業が窮地に立たされた中で、こうした製品を開発、投入しているようです。

また、こうした商品が増えたのは、開発環境のデジタル化が進んだことで安いコストで家電の開発ができるようになったことも背景としてあるようです。

ジェネリック家電を買うべきか買わないべきか

サーキュレーター

ジェネリック家電を買うべきかそうでないかは、製品に何を求めているかで変わってきます。

自分自身が電化製品の基本的な機能の他に何を求めているのか整理してから選んでいくのが良いでしょう。

 

 

 

まずジェネリック家電のメリットといえば

・価格が圧倒的に安いこと

・もともと大手メーカーの下請けだったことろが多いので安い割に技術が安定している

という点です。

 

逆に大手メーカーの家電のメリットといえば

・圧倒的なブランド力やデザイン

・使用者のことを考えた細かな機能

・最新機能を盛り込んだ構成

といった点があります。

 

「とにかく最低限の機能があれば何でもいいやーあんまり気にしないし」といった人は大手メーカー品を買ったら、「なんか余計な機能がいっぱいあるけど使わないなー」となってしまいますし、便利な機能を求めている人がジェネリック家電を買えば「一応つかえるけどあんまり便利じゃないなー」となってしまいます。

もちろんそれぞれの製品によるところはありますが、ジェネリック家電はシンプルで安い、大手メーカー品は多彩な機能でいろんな配慮がされている。

といった点をふまえてどちらを購入するか考えていきましょう。

↑ ページの上部へ