スマホやタブレットの充電に便利な携帯バッテリーを選ぶ

 

モバイルバッテリーの選び方

ここ数年でスマートフォンやタブレットが爆発的に普及しましたが、そこで問題になってくるのがバッテリーの持ちですよね。

高機能な分、電池の消耗も激しいですから「電池を長く持たせたい」とかモバイルバッテリーを持っておいて不意の電池切れに対処したいという人も多いと思います。

そこでサイトの趣旨と少し外れますが、モバイルバッテリーの選び方について考えておきたいと思います。

容量に注意!

モバイルバッテリーには容量がピンからキリまであり、2000mAhぐらいから10000mAhを越えるものまで多数あります。

ここで注意したいのが実際に使える容量です。なぜかというとモバイルバッテリーから電力が出力されるときにロスが発生するからです。

例えば12000mAhという機種でも電力のロスで実際は8000mAh~9000mAh分にしかならなかったりします。自分が充電したい容量から余裕のあるものを選びましょう。

次で説明しますが粗悪な物はもっとロスが大きくなります。

バッテリー自体の質も関係する

そしてもっと注意したいのがどういった部品が使われているかという点です。あまりにも激安な物は発熱ばかりが大きく、肝心の充電に電力が使えないという事態が発生します。

あまりにも安い製品は疑ってかかる必要があるわけです。

ではどのような商品を選んだらよいのでしょうか、

・PSEマークがついた製品を選ぶ
まず思い浮かぶのがPSEマークが付いた製品を選ぶことです。電気用品安全法規格遵守の商品につけらるマークです。これで有る程度の基準を満たした製品と考えることができますね。ただし、ひどいメーカーだと勝手にPSEマークを付けていることがあるので注意が必要です。

PSEマークには「○にPSE」と「ひし形にPSE」という2種類があるのですが、モバイルバッテリーは○にPSEが正しいそうで、ひし形のものは粗悪品の可能性が高いようです。

・やはり日本製のものが良い
海外のものにくらべてやはり日本製のバッテリーは評判が良い傾向にありますので安心したい人は日本製の物や国内メーカーの物を選んだほうがよさそうです。その分お値段は高くなってしまいますが。

・過充電防止回路、過放電防止回路が付いているものを選ぶ
こうした防止回路が付いている商品を選ぶことが大切です。特に過充電防止回路に関してはこれが無いとスマホのバッテリーがいっぱいになっても充電し続けてしまうのでこれが無いとスマホ自体のバッテリーにまで悪影響があります。ぜひチェックしておきたいところですね。

・ネット上での評判をチェック
よくアマゾンなどで商品のレビューがされていますね。1人2人の評価だとなかなか判断しにくいところですが人気商品は数十件のレビューがあります。こうした人気商品の中から評判のいいものをチェックしてみるのがいいかもしれません。

また、人気の機種なら個人のサイトでも写真付きでレビューされているサイトがあります。こうしたページをチェックしてみましょう。いろんな角度からの写真があるので参考になると思います。 

    

      

結局どうしたらいいのか

あまりにも安い物は避ける

PSEマークがきちんと付いているかチェック

過充電防止回路があるかどうか

ネット上で評判が良いものをチェック

といったことを注意して選んでいくとよさそうです。

↑ ページの上部へ